幕末 本と写真

蔵書紹介系 幕末維新探究ブログ

岩波美篶



相楽総三の同志で共に薩摩藩邸に頓集し江戸を撹乱を謀った人物に信州諏訪四賀村の岩波美篶という人がいます。

その人の孫にあたる岩波春夫の遺した写真アルバムを所有しています。

その中に名前が記されていないので像主が誰だが不明なのですが、おそらく春夫の祖父である岩波美篶ではないかと考えられる写真が2枚あります。

志士の肖像です。ご覧ください。

岩波美篶とは

諏訪郡四賀村飯島の人。父は萬右衛門、母は里見氏の出身。相楽総三や石城東山等とともに国事に奔走し、三田の薩摩藩邸に屯集し江戸撹乱を謀った。薩邸焼き討ち事件では同邸からの脱出に際して腹に負傷するも、乞食に変装して落ち延び、事の次第を郷里の飯田武郷へ報告した。
のちに岩倉具視の密命で京都から関東探索のために下ってきた落合源一郎、権田直助と諏訪で合流し共に江戸に下った。(その際、落合らは諏訪の赤報隊の本陣を訪ねたが大垣の総督府に行っていた相楽とは会うことができず、その後の相楽の処刑に禍根を残すことになる)
維新後は政府に出仕して小巡察となり、人吉に在勤する。西南戦争後は郷里に帰るも、その後上京してキリスト教に入信。その伝道に貢献した。
著書に『東山遺稿』がある。