読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕末 本と写真

蔵書紹介系 幕末維新探究ブログ

お龍がもっていた龍馬の写真

坂本龍馬 古写真

 f:id:oldbook:20160718121923j:plainf:id:oldbook:20160718121907j:plain

明治三十二年十一月『土陽新聞』に「千里の駒後日譚拾遺」と題して連載された川田雪山(瑞穂)によるお龍への聞書があるのはご存じの方も多いだろう。当時お龍が所蔵していた坂本龍馬の肖像写真に関する証言が含まれる。

その部分を抜き出してみよう。

 

◎龍馬の書いたものも日記やら短冊やらボツ/\ありましたが、日記は寺田屋のお登勢が持つて行くし、短冊は菅野が取て行きましたので、私の手元には此の写真(襄の譚に云へる民友社の挿絵に似たるもの是也)一枚だけしか有りませむ。それから一ツ懸軸がありました。コレは龍馬が死ぬる少し前に越前へ行つて三岡八郎由利公正さんに面会した時呉れたのださうで、私は大事にして持て居りましたが何時か妹が取て行つたなり返してくれませぬ。私は此の写真を仏と思つて毎日拝んで居るのです。と語り来つて感慨に堪えざるものゝ如く凝乎と手中の写真を見詰るので、傍の見る目も気の毒となつて、ソツと顔をそむけると床の間には香の煙りのゆら/\と心細くも立昇るので僕は覚えずも、人間勿読書子、到処不感涙多、の嘆を発するを禁じ得なかつた。

 

お龍の証言によるとこの写真は、明治29年に民友社から出た弘松宜枝著『阪本龍馬』の巻頭に掲載されている肖像画に似たものだという。そこから考えると龍馬の肖像写真の中でも「丸腰の座像写真」(『英傑たちの肖像写真』渡辺出版、2010)と呼ばれるものがそれにあたることになる。

龍馬の遺族に残されたこの写真はおそらくオリジナルプリントだったか、複写にしても限りなくオリジナルに近い状態のものだったのではないかと考えられる。お龍が持っていたという価値を考えれば、今日その写真がもし残存していたらすこぶる貴重なものとなるだろう。

 

先日、ある本を読んでいたらこのお龍所蔵の写真に関して興味深いことが書いてあった。三浦叶『明治の碩學』(汲古書院、平成15)という本なのだが、漢学者の著者三浦叶は川田雪山の早稲田大学での教え子にあたる。この本の中で三浦は旧師川田雪山に対して愛惜に満ちた回想を残しているのだが、その一節に川田雪山がお龍から龍馬の肖像写真を複写させて貰い、以後それを非常に愛蔵していた姿が語られていた。

 

 龍馬は幕末薩長の連合をなしとげ、明治維新の大業を導いた土佐の偉人である。雪山先生も土佐人であるから少くして已に敬慕の情があったのであろう。それが後に明治維新の史料編纂官として、その最期の史實を調査されたのであるから、龍馬を敬慕するの情たるや大變なものであった。屢々龍馬の未亡人お龍さんを訪ねて色々の話を聞いている。殊に明治三十年にお龍さんから頂いた龍馬の寫佩(半身像)は大切にしていつも身にもっておられ、今次の日米戦争の空襲で西大久保のお家が焼かれ火中を遁れる際にも、この寫眞は肌身につけて離されなかったという。

 この寫眞の裏には次ぎの如く之を贈られた経緯が書かれてある。

   龍馬像

   嗚呼。是坂本龍馬先生之像也。先生未亡人楢崎氏。今在湘州。予屢往訪。一日

   探小照於筐底。戚然謂予日。是亡夫在長崎日所撮之眞影也。予太懇々焉。未亡 

         人察予意。屬者複寫以見附。不禁感佩。吝裏面記其厚意。明治庚子正月初五

                                  川田瑞穂

 又先生の宅にはお龍さんが歌を書いたものを屏風に張ってあったが、この屏風は空襲で焼けてしまった。しかし幸い先生の未亡人豊子さんがその歌を記憶されていた。それは次の如き歌であった。

   舊詠呈川田氏

   思ひきや宇治の川瀬の末つひに君と伏見の月を見んとは

 

川田雪山がお龍から複写させて貰った龍馬の写真。戦火をかいくぐって現存しているならば是非見てみたいものだ。

お龍を慰め続けた写真の中の龍馬の表情を知りたい。