読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕末 本と写真

蔵書紹介系 幕末維新探究ブログ

岩瀬忠震

幕末のイケメン

f:id:oldbook:20161217104815j:plain

 

岩瀬忠震には写真が残っている。
英国にあるヴィクトリア&アルバート博物館所蔵のものだ。安政5年、日英修好通商条約交渉の英国側の使節エルギン卿の秘書であったウィリアム・ナッサウ・ジョスリンが撮影した幕府側交渉委員7人の中にその姿が収まっている。しかし後列左の岩瀬は撮影中に動いしまったためか、ぼんやりとブレて写ってしまっている。残念ながら写真からはその白皙の美男子ぶりを伺うことができない。その顔を思い浮かべるには土屋禿木が描いたお馴染みの肖像画をよすがにするしかない。
 
岩瀬忠震はどんな顔であったか、想像を補填するものとして例の幸田露伴の「幕末の政治家」から抜き出してみる。これを読むと岩瀬にちゃんとした写真が残っていたらどんなに良かっただろうと思う。
 
〈岩瀬肥後守

目付として、外国奉行として評判ありし人なり。眉のかかり目のあたり立派にして色白の顔、りりしきところあり。義経様といふ諢名負ひたまへりとかや。挙動やや軽くして今の所謂才子肌ともいふべし。高聲のハキハキしてる物言ひにて、人先に発言し、よく自らも笑ひ人をも笑はしめ、面白からぬ談話中にも茶利を交へ警語を放ち、時には人を呑んでかかりて、嘲弄するとまでにはあらねどやや其気味あることあり。中々才ある人と見えたり。〉