読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕末 本と写真

蔵書紹介系 幕末維新探究ブログ

孝明天皇の等身大人形

前回の投稿に続いて『五十年の夢 柳昇遺稿』(非売品、大正8年)からまた幕末の等身大人形に関する逸聞を。

 

孝明天皇が自身の等身大人形を作らせると、その人形の「業」にて俄かに病気になり、ついには崩御あらせられたいう噂。人形霊の話。

 

「十二月に入りて俄に御異例、御水痘との事である、御年三十六にて御疱瘡とは不審である、宮中慣例として御疱瘡には臺人形を御見舞として献上するが例である、宮公卿、諸大名、我一と購求し京都にある有職人形は不残売れたとの事である。

是より先 陛下の御好として 聖上、皇后両陛下御等身御似顔の御人形を作り、之れに御装束其他春秋一切の御衣裳、御手道具一切新調せられ御紋も葉付の櫻と定り櫻印様と称せられしが、其人形の業にて俄に御異例になり給ひしと奏上するものあり迷信深きは女官の習ひ、御人形始め一切を霊鑑寺宮鹿ケ谷へ御下附になり今も同寺に保存せらる。御異例一週間以内にて崩御遊ばされしは恐入るの外はない」